委員会

沿革

在日ブラジル商工会議所は日伯経済活動の促進を目的として2001年に設立されました。CCBJは営利又は政治行為を目的とせず、日伯間の通商、ブラジルに対する日本企業の直接投資を促進するため、商業及び金融活動において会員を支援します。

名誉会長
駐日ブラジル大使  エドゥアルド サボイア

執行委員会

執行委員長(会頭) 行徳セルソ|西本Wismettac
財務副代表理事  後藤恵介|日本フルーツ・ジュース
副会頭 フィデウ・ブランコ|ヴァーレ
副会頭 村永アルツール|株式会社アイピーシー・ワールド
副会頭 邑井勇|ウエグエレクトリックモーターズジャパン
副会頭 今井譲治|株式会社イマイ
副会頭  川合健司ブラステル株式会社
副会頭 マルセロ・アッシ|ブラジル銀行

専務理事  清水 裕幸

執行委員

顧問
堀坂浩太郎|上智大学
今井邦雄
駒村 聖

新会員委員会

幕田 マリオ
トニー・プラド|トルアイトレーディング有限会社

監査

蕪木 義廣|イタウ・ウニバンコ銀行

東海エリア委員会(愛知、岐阜、静岡、三重)

目的:
– 東京以外の地域における本会議所活動の発展を目指します。
– 東京以外に所在する企業の参加促進。
– 地方支部を作り、地方イベントや地域会議を促進。
– 地方支部での会員登録や導入活動。
– 会員数拡大と会員の結束により本会議所の強化を図る。

群馬委員会

担当役員: 斉藤 ネルソン | 株式会社 晃和

関西エリア委員会

担当役員:田中 美果|フローラズール

事務局長

寺本 早苗|有限会社コムニカチヴォ

メニューを閉じる