空間情報技術でコロナ発生検出

ブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)のアクレ研究センターは、農業生産のモニタリングに使用される空間情報技術を州内の新型コロナウイルス感染発生の状況把握のために活用している。アクレ州衛生管理局とアクレ州保健局の情報を元に、州内のコロナ感染拡大状況に関する地理情報データベースを構築し、現状把握と感染予防対策に役立てる。

ホームページ:https://www.embrapa.br/busca-de-noticias/-/noticia/51415463/tecnologias-geoespaciais-da-agropecuaria-agora-mapeiam-a-incidencia-de-coronavirus

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on whatsapp
WhatsApp