5月のコーヒー輸出増加

ブラジルのコーヒー輸出者評議会(CECAFE)によると、ブラジル産ロブスタ種のコーヒーの5月の輸出量は、48万4100袋で前年同期比で4.7%増加した。種類別でロブスタ種の占める割合は16.3%だった。アラビカ種が最も多く220万袋(全体の73.8%)だったが、前年同期比では27.3%減だった。インスタントコーヒーの輸出量は29万6100袋で9.9%を占めた。最大の輸出相手国は米国(19.8%)で、以下ドイツ(17.6%)、イタリア(8.8%)、ベルギー(6.9%)、日本(5.1%)と続いた。

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事