22の州でGDP増加

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、国内27州のうち22州で2019年のGDPが増加し、13州は平均増加率1.2%を上回った。最も高い増加率を記録したのはトカンチンス州の5.2%で、以下マット・グロッソ(4.1%)、ロライマ州(3.8%)、サンタカタリーナ州(3.8%)、セルジッペ州(3.6%)と続いた。減少率が最大だったのはエスピリトサント州(マイナス3.8%)で、以下パラ州(マイナス2.3%)、ピアウイ州(マイナス0.6%)、マット・グロッソ・ド・スル州(マイナス0.5%)だった。

詳細はこちら:https://agenciadenoticias.ibge.gov.br/agencia-noticias/2012-agencia-de-noticias/noticias/32215-pib-cresce-acima-da-media-do-pais-em-13-unidades-da-federacao-em-2019

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事