2022年の交通インフラへの投資額2000億レアル超の見込み

2022年の交通インフラへの民間投資目標額は2000億レアルに達する見込みで、目標達成に向けてインフラ省は海外からの投資誘致に取り組んでいる。投資家が注目するプロジェクトには、ブラジル国内の15空港を3ブロックに分割して入札にかける第7回空港コンセッション(投資総額70億レアル)や、パラナ州の道路整備事業(440億レアル)、サントス港民営化(160億レアル)などが含まれる。

出所:インフラ省

翻訳:CCBJ/メディア·ブラジル

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事