連邦政府機関 公共サービスをオンライン化

ブラジルの立法、司法、行政機関の8割で、2021年までに需要の高い公共サービスがオンライン化されていたことが判明した。7月26日に発表された電子政府の情報通信技術(ICT)利用に関する調査によると、主要サービスをオンライン化した連邦政府機関の割合は76%に達し、新型コロナウイルス感染症流行前の2019年に実施された前回調査の54%から22ポイント増加した。州レベルでは、公共サービスのオンライン化率は2019年の31%から2021年は45%に上昇した。

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Facebook
WhatsApp
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事