航空会社 受託手荷物料金を値上げ

ブラジルの大手航空会社Gol、Azul、Latamの3社は、受託手荷物の料金を値上げした。Golはこれまで80レアル〜250レアルに設定されていた国内線の受託手荷物料金を、今月5日以降95レアル(1個目)〜250レアル(3個目から5個目)に改定した。また100レアル〜650レアルだった国内線の料金は199レアル〜650レアルに変更された。Latamは今月14日に国内線のみ値上げし、最低料金が従来の65レアルから75レアルに引き上げられた。最大料金は160レアルに据え置かれた。Azulは3月7日に国内線で1個目の手荷物にかかる最低料金を80レアルから90レアルに値上げ。最大料金は250レアルのままで、国際線の料金は改定されなかった。

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Facebook
WhatsApp
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事