聖火リレー 47都道府県で実施

東京五輪·パラリンピック組織委員会は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された五輪の聖火リレーについて、従来の計画通り全国47都道府県で実施すると発表した。新型コロナの影響で様々な制限は設けられるが、聖火は来年3月25日に福島を出発し、121日間かけて全国を巡り7月23日に開会式が開かれる国立競技場に到着する予定。

出所:アジェンシア·ブラジル通信社

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事