東京2020大会 多言語放送システムを整備

東京都は東京2020大会に向けて、施設内のアナウンスを多言語で文字配信する「多言語放送システム」を、競技会場となる都立等12施設に整備した。このシステムは、スマートフォンに多言語で文字表示されるため、日本語が分からない方や聴覚に障がいがある方も、施設内のアナウンスから情報を得られる。大会後は、国際大会や各種イベント等でも本システムを活用する。言語は日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、フランス語。

詳しくはこちら:https://omotenashiguide.jp

出所:東京都

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事