日本とブラジルの交流に焦点

浜松で開幕した『「未来の形」を創造する』展の初日には、エドゥアルド・サボイア駐日ブラジル大使や、アデルモ・ガルシア在浜松ブラジル総領事、鈴木康友浜松市長、出野勉静岡県副知事、マウリシオ・デ・ソウザ・プロダクション・ジャパン代表のヒカルド・オキノ氏らも出席した。サボイア大使は、「ブラジル人住民の多い浜松市で、ブラジル人コミュニティを称えるイベントとしてこの展覧会を開催できることを喜ばしく思います。漫画を通じたブラジルと日本の人々の絆を日本の皆様に見ていただける展示内容となっています」と述べた。

バーチャル展覧会も公開中:https://mspjapan.co.jp/event2021/

 

記事・写真:羽山 ネイデ

Facebook
WhatsApp
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事