新型コロナ予防の研究開発に1億3200万レアルの助成

ブラジル調査・研究事業融資機構(FINEP)と科学技術イノベーション通信省(MCTIC)は、新型コロナウイルス感染症予防に役立つ研究開発に総額1億3200万の補助金を出すと発表した。科学やテクノロジー、イノベーション関連の研究機関などと連携して研究開発を行うブラジル企業が対象で、企業規模の大小は問わない。肺換気装置や生命維持装置用の画期的なソリューション開発の助成に8000万レアル、検査やバイオセンサー、試薬などの開発に3500万レアル、マスクや除染、消毒の研究開発に1700万レアルの助成金を支給する。

出所:MCTIC

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事