外国直接投資の進展

ブラジル輸出投資振興庁(Apex-Brasil)のセルジオ・セゴヴィア総裁は、先日開かれたオンラインセミナーで投資パートナーシッププログラム(PPI)の重要性を指摘した。同プログラムでは、現在進行中のプロジェクト138件に対し総額1.3兆レアルの投資が予定されているという。投資パートナーシッププログラムは官民の連携強化を目的にブラジル政府によって創設された。セゴヴィア総裁によると、2020年上半期にブラジル輸出投資振興庁によって進められた外国直接投資は19件で、投資規模は総額31億7000万ドルに上っている。

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

関連記事
メニューを閉じる