ヴァーレの電気機関車

ヴァーレがプログレス·レイル社と共同で開発したバッテリー式電気機関車が完成した。ミナスジェライス州セチ·ラゴアスの工場で作られた電気機関車は、ヴァーレのツバロン製鉄所にあるヴィトリア·ミナス鉄道の貨物駅で使用される。電気機関車は温室効果ガスの排出削減だけでなく、騒音の低減効果もある。ヴァーレ社は今年5月に2030年までに二酸化炭素排出量を33%削減するという目標を発表した。同社は2050年にカーボンニュートラル化達成を目指している。

詳細: http://www.vale.com/brasil/pt/aboutvale/news/paginas/locomotiva-100-eletrica-da-vale-sai-da-fabrica.aspx

出所:ヴァーレ

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事