ヴァーレ 設備の自律化拡大

ヴァーレは操業の自律化を進めており、これまでに自立型設備を72台導入し300人以上の従業員がその恩恵を受けている。人工知能やコンピューターシステム、GPS、レーダーなどは、ヴァーレの従業員300名以上の日常業務の一部となっている。4年前から導入が始まったこうした技術により、機械の操縦席にオペレーターを配置する必要がなくなり、作業エリアでの従業員のリスクが大幅に低減されるとともに、作業の安定性と効率性が向上したという。リオデジャネイロ州マンガラティーバのイーリャ・グアイーバターミナルの自律型ヤードが稼働開始したことで、同社が保有する自律型設備の数は国内4州で72台に達した。

動画はこちら: https://www.youtube.com/watch?v=q4-x7v8V4nQ

出所:ヴァーレ

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事