リオデジャネイロのスーパー レジ袋43億枚の提供停止

2019年6月に買物袋の有料化を義務付けた法律第8473号が施行されてから2年間に、リオデジャネイロ市内のスーパーマーケットで削減されたレジ袋の枚数が43億枚に上ることがわかった。プラスチック製買物袋の有料化に伴い、スーパーマーケットにはエコバックの有償提供が義務付けられている。法律施行後1年目のレジ袋削減枚数は2億枚で、2年目が約2億3000万枚だった。

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事