リオとサンパウロで広がる自転車シェアリング

リオデジャネイロ市とサンパウロ市で自転車のシェアリングサービスを運営するTembici社によると、両市では今年になって自転車シェアが拡大しているという。今年2月のリオデジャネイロにおける自転車シェアリングの利用回数は、前年同期比で26%増加した。サンパウロでも今年3月に前年同期比68%増を記録。Tembici社ではガソリンの値上がりが自転車シェアリングの利用拡大の要因となったと分析している。ブラジル国家石油·天然ガス·バイオ燃料監督庁(ANP)によると、リオデジャネイロではガソリン価格が1年間に33%上昇。サンパウロでも1年間に28%値上がりしている。

出所:アジェンシア·ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア·ブラジル

Facebook
WhatsApp
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事