マナウスの二輪車生産 2015年以来の高水準を記録

マナウス工業地区(PIM)の今年7月の二輪車製造台数は10万4776台に達し、前月比3%増、前年同期比10.3%増を記録した。1月から7月の累計は77万6069台となり、前年同期比で16.9%増加した。ブラジル二輪車製造者協会(ABRACICLO)の発表によると、1月から7月までの7ヶ月間の累計製造台数としては79万9990台を記録した2015年以来の高水準だという。7月(営業日数21日)の1日あたりの平均販売台数は5119台で、2014年(5261台)に次ぐ結果となった。

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Facebook
WhatsApp
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事