ベルマーク運動 ブラジル人学校も援助の対象に

日本国内の学校の教材備品購入などを支援するベルマーク運動の援助対象にブラジル人学校も含まれることになった。3月から滋賀県内で試験的に実施され、その後段階的にブラジル人学校36校に拡大される予定。ブラジル人学校でのベルマークキャンペーンの実施は、ベルマーク教育助成財団、あいおいニッセイ同和損保、マウリシオ·デ·ソウザ·プロダクションズ、ブラジル大使館、在浜松ブラジル総領事館、、在名古屋ブラジル総領事館、在東京ブラジル総領事館の協力で実現した。

マウリシオ·デ·ソウザ·プロダクションズ·ジャパンの沖野リカルド取締役は、「マウリシオ·デ·ソウザの代表作のキャラクターであるモニカが在日ブラジル人学校を対象としたベルマークキャンペーンのシンボルキャラクターに選ばれことを誇りに思う。同キャンペーンへの意識向上やのPRにつながることを期待する」と語った。

写真(左から):あいおいニッセイ同和損保の金田実常務執行役員、エドゥアルド·パエス·サボイア駐日ブラジル大使、マウリシオ·デ·ソウザ·プロダクションズ·ジャパンの沖野リカルド取締役

Facebook
WhatsApp
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事