ブラジル最大のリンゴ生産地 サンタカタリーナ

ブラジル最大のリンゴ生産地であるサンタカタリーナ州の2020/21年度の生産量は、国内全体の生産量の半分に匹敵する55万トンを上回ると予想されている。同州の生産者はリンゴの輸出拡大も視野に入れている。州内にはサンジョアキンとフライブルゴを中心に約2000戸の農家がリンゴを栽培。サンタカタリーナ州の果樹生産支援プログラムや害虫のコドリンガの根絶がリンゴ生産増加の要因となっている。

出所:サンタカタリーナ州政府

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事