ブラジル国内消費量が2番目に多いアルコール飲料 

ブラジルカシャッサ研究所(IBRAC)によると、カシャッサは現在ブラジル国内で2番目に消費量の多いアルコール飲料となっている。国内の蒸留酒市場の72%を占め、世界で最も消費量の多い蒸留酒の1つでもある。農牧食料供給省が2020年に実施した調査では、カシャッサのブランドと商品数は9.73%増を記録。生産者数は減少したが、商品数は前年の3648から4003に増加した。

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on whatsapp
WhatsApp