ブラジルの新たな身分証明書

ブラジルで納税者番号(CPF)を唯一の有効な識別番号として使う新たな身分証明書の発行が始まった。新型身分証明書には、スマートフォンなどで読み込み可能なQRコードが記載されており、真正性の電子認証ができ、盗難·紛失時の情報確認にも役立つ。また旅券にも使われている国際標準のMRZ(機会読み取り方)を採用し、旅行中の身分証明書としても使用できる。

出所:アジェンシア·ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Facebook
WhatsApp
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事