ブラジルの固有植物150種などを本で紹介

ブラジル環境省はブラジルの固有植物で現在経済的価値を持つものや、将来経済的価値を生むことが期待されるものを紹介する本(北部版)を発行した。同省が作成する生物多様性シリーズの書籍の第4弾で、ブラジル国内や外国の大学や研究所、企業、NGOに所属する著名な研究者147名の協力を受けて作成された。持続可能な方法で医薬品や食品、アロマ、調味料、着色料、繊維、牧草、油、観葉植物などに利用できる植物150種以上が掲載されている。

詳細はこちら: https://www.gov.br/mma/pt-br/livro-especies-nativas-da-flora-brasileira-de-valor-economico-atual-ou-potencial-2013-plantas-para-o-futuro-2013-regiao-norte.pdf/view

出所:アジェンシア·ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア·ブラジル

Facebook
WhatsApp
Twitter
LinkedIn
Pinterest
関連記事