ブラジルの個人輸入

ブラジルでは個人輸入の場合、一回の取引当たりの上限額が3000ドルまでに設定されている。輸入額500ドルまでは簡易税率が適用され、商品の代金や送料、保険料も含む合計額の60%が課税される。500ドルから3000ドルまでは商品流通サービス税(ICMS)と通関手数料(150レアル)もかかる。3000ドルを超える場合は法人による輸入としてみなされる。

出所:アジェンシア·ブラジル通信社

翻訳:CCBJ/メディア·ブラジル

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事