ブラジル 99%の市町村で光ファイバー回線整備へ

ブラジルでは「ユニバーサルサービス化目標プログラム(PGMU)5」によって、光ファイバー回線が整備されていない1500の市町村にバックホールと呼ばれる中継回線網を整備することが通信事業者に義務付けられた。バックホールとは、末端のアクセス回線を基幹通信網(バックボーン回線)に繋ぐ中継回線・ネットワークのこと。計画が実現すれば、2024年までにブラジル国内の全市町村の99%で光ファイバー回線が整備されると見込まれている。

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事