パラナ州のマリンガ空港 改修工事完了

パラナ州のマリンガ空港で、空港の処理能力倍増のため高度なテクノロジーを駆使して実施された改修工事が完了した。2年半かけて行われた工事には、国家民間航空基金(FNAC)の資金7660万レアルが投じられ、州経済の活性化につながると期待されている。改修後のマリンガ空港では、国際貨物輸送機の離着陸も可能となった。また駐機場が拡張され、航空機12機が同時に移動できるようになった。

出所:インフラ省

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事