デジタル署名に関する法律裁可

ブラジル連邦政府は、公共団体とのやり取りや法人活動、医療関連の手続きなどにおける電子署名の使用に関する法律第14063号を今月24日に公布した。同法では電子署名は3種類に分類され、使用される文書のリスクレベルより使用条件が定められてる。診察の予約手続きなどに使われる簡易署名は、署名者を特定でき、手続きの安全性を高めるために必要なデータに裏付けられている。その他、自動車の移転登録などに使われる高度電子署名、不動産移転登記にも使用可能な適格電子署名がある。

出所:インフラ省

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事