チジューカ国立公園再開

ブラジルの生物多様性保全研究所(ICMBio)は、リオデジャネイロの観光名所の一つであるチジューカ国立公園の一般公開を再開した。園内での活動については、来場者の安全確保のための対策を徹底し段階的に再開する予定。6月にはリオ・グランデ・ド・スル州のアパラードス・ダ・セーハ国立公園や、パラナ州のフォス・ド・イグアス国立公園なども再開している。チジューカ国立公園では、感染防止のため入場者数の制限や2メートル以上の間隔確保などの対策が講じられているほか、滝やシャワー、貯水池などは利用禁止、バーベキュー場やピクニック場、キリスト像のあるエリアへの立ち入りも禁止となっている。

出所:観光省

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事