セラードの栄養豊富なナッツ

ブラジルでは9月11日はセラードの日として制定されている。セラード(熱帯サバンナ)の面積は約200万平方キロで国土の22%に相当し、南米で2番目に大きなバイオーム(生物群系)となっている。セラード原産のナッツ「バル」は、ビタミンEや亜鉛、鉄分、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム、脂肪酸が豊富で、抗酸化作用のほか、コレステロール値を下げ、循環器系疾患を改善する働きもある。またアルツハイマーや糖尿病、肥満、ガンに効果があるとの研究もある。

出所:アジェンシア・ブラジル通信社

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事