サンパウロ市 営業時間規制違反で飲食店75店に営業停止命令

サンパウロ市は、今月7日以降、営業時間規制などに違反した飲食店75店を営業停止処分とした。営業時間の違反に加え、路上へのテラス席の設置も処分の対象となる。コロナによる隔離政策の導入以降、サンパウロ市ではこれまでに飲食店559店が営業停止処分となっている。違反者には罰金(面積250平米あたり9200レアル)も科せられる。現在サンパウロ市ではバールの営業時間は1日最大6時間、夜間営業は22時まで、入店者数は通常の4割以下と定められている。

出所:アジェンシア·ブラジル通信社

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事