サトウキビと環境因子

砂糖やエタノール、発電燃料の原料ともなるサトウキビは、ブラジルの主要農産物であるだけでなく、環境的持続可能性の重要な要素として、また雇用や収入を生み出すものとしても価値がある。ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)によると、2022/2023年度のサトウキビの生産量は、前年比2.9%増の5億9600万トンに達する見込み。砂糖の生産量は4030万トン、エタノールの生産量は2480万トンと予想されている。

出所:農牧食料供給省

翻訳:CCBJ/メディア·ブラジル

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事