コロナ禍でブラジルのイノベーション前進

ブラジル全国工業連盟(CNI)が行った調査によると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックを契機にブラジルの大企業や中規模企業の多くが競争力強化のためイノベーション推進に向けた投資を行ったことが判明した。調査は今年9月に500社を対象に実施され、集められた情報を会社の規模や分野別に分類した。10社中8社がイノベーションを推進し、その結果として生産性が向上し収益増加にもつながったと回答した。コロナ禍に対応するために何らかのイノベーションを行ったと答えた企業は全体の88%に上った。

出所:アジェンシア·ブラジル通信社

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事