クリスマス商戦のデジタル化

コロナ禍で消費行動が変化する中、ブラジルでは年末商戦でネット通販を利用する人が増えると見込まれている。VISAが世界8カ国で行った調査によると、ブラジルで年末の買い物にネット通販を利用する予定だと回答した人の割合は54%に上った。コロナによる不景気にも関わらず、89%はクリスマスプレゼントを購入すると答えた。そのうち58%は、クリスマスプレゼントの購入には、対面またはオンラインショッピングで近所の店舗を利用し、こうした店を支援したいと回答している。

詳細はこちら:https://bit.ly/376YXHi

 

出所:SEBRAE

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
Share on whatsapp
WhatsApp