エドゥアルド・サボイア駐日ブラジル大使の講演

アレシャンドレ・グズマン財団は、エドゥアルド・サボイア駐日ブラジル大使のオンライン講演を開催した。大使は講演で「国際通貨基金によると、日本はGDP5兆4000億ドルの世界第3位の経済大国であり、海外直接投資額は1700億ドルで上位国に入っている」と述べた。またトヨタ自動車の初の海外生産拠点がブラジルだったことを紹介した上で、「ブラジルは日本からの直接投資先として、また日本企業の海外進出先としても長い歴史を持つ国であり、2020年の日本からブラジルへの直接投資額は20億ドルに上るなど、コロナ禍でも日本企業によるブラジルへの投資は増加している」と語った。

 

動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=CrVupDvFmzc

出所:アレシャンドレ・グズマン財団

翻訳:CCBJ/メディア・ブラジル

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事