アルファインテル ブラジル入国に必要なPCR検査の最新情報を発信

N.648, 2020/23

ブラジル政府は、12月30日以降にブラジルに入国するブラジル人と外国人を対象とした措置を定めた12月23日付政令第648号を公布した。

12歳以上の渡航者には、搭乗前72時間以内にRT−PCR検査を受け陰性証明書(ポルトガル語、英語またはスペイン語)を提示することが義務付けられた。

保護者同伴の11歳未満の子どもの陰性証明書の提示は不要。

但し同伴者は全員RT−PCR検査の陰性証明書を提示する必要がある。

同伴者なしで渡航する2歳以上11歳未満の子どもは陰性証明書の提示義務がある。

2歳未満の子どもについては、検査も陰性証明書の提示も不要。ブラジル滞在期間中の衛生管理措置の遵守義務に対する同意事項が記載された旅行者健康状態申告書(DSV、紙または電子媒体)の提出も義務付けられる。

出所:https://www.in.gov.br/en/web/dou/-/portaria-n-648-de-23-de-dezembro-de-2020-296122366

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事