どうなる日本経済、コロナ禍からの回復に向けて

新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に深刻な影響を及ぼす中、今年4~6月期の日本のGDPは年率27.8%減(速報値)と戦後最大の落ち込みとなった。FPCJは、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会委員を務める公益財団法人東京財団政策研究所の小林慶一郎研究主幹を講師に招き、今後の日本経済の回復の見通しについてプレスブリーフィングを開催した。

動画報告はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=AiHnWKyH168&feature=emb_logo

出所:FPCJ

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

関連記事