ブラジル産コーヒーの品質

ミナスジェライス州セラードでのコーヒー栽培は、パラナ州やサンパウロ州のコーヒー農園が害虫による壊滅的な被害を受けた1960年代後半にブラジル政府の奨励により始まった。以来50年間、低肥沃度土壌や乾燥と日差しに適した品種を選定・開発するなど様々な努力が実り、現在ではセラード産コーヒーはその高い品質が認められ、日本の輸出業者から引く手あまたとなっている。

 

出所:  CNI

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest
関連記事