ブラジル北東部発のブドウの新品種

ブラジル農牧研究公社(EMBRAPA)セミアリド研究所は、ブラジル北東部で開発されたブドウの品種BRSタイナーを発表する。白ぶどうでクセがなく食べやすい味を持つ種無しの品種で、サンフランシスコ川渓谷の灌漑農業で栽培するために開発された。BRSタイナーは半乾燥熱帯地域での栽培に適した品種として開発され、交配から妥当性確認までの全工程をEMBRAPAが行った。

 

動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=Fx3k5RnT9_g

出所:農牧食料供給省

Share on facebook
Facebook
Share on whatsapp
WhatsApp
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn
Share on pinterest
Pinterest

コメントを残す

関連記事